ビジネス教養

流行は小さなきっかけからうまれる – ティッピングポイント

投稿日:2013年10月7日 更新日:

ティッピング・ポイントは、既に古典的なビジネス教養本と言えるだろう(現在日本では、急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則として販売されている)。口コミや流行という非常にソーシャルネットワークサイトが流行中の今っぽいテーマを扱いながらも、2000年の発行以来、今も長く多くの人に読み継がれている真のおすすめできるベストセラー本である。

ティッピング・ポイントとは、「物事が爆発的に広がりだす瞬間のポイント」と訳せるだろう。このポイントを解明することが流行の原理を解明することという訳だ。

特に最近書かれた口コミ本とは大きく違うのは「インターネットがなかった時代の例」がメインに構成されていること。例えば、ニューヨークの犯罪発生率が減少したのは、地下鉄の無賃乗車を取り締まったことという、小さなきっかけが大きな変化につながったことなどが事例として解説されている。

ティッピング・ポイントのなかでは、
・ 少数者の法則 - 最初に少数の目利きの人が製品を利用しだす
・ 粘りの要素 – その商品が忘れられない(頭の中に粘着する)
・ 背景の力 – そのときの周囲の環境にフィットする
ということが解説されている。

ちなみに筆者のマルコム グラッドウェル氏は、雑誌ライターのライターであったそうだ。しかし、現在は、押しも押されるベストセラー作家。このティッピング・ポイントを皮切りに今まで、4冊の本を送り出し、そのすべてがベストセラーになっている。

まずは、このティッピング・ポイントそして、
・ 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (原著 blink)
・ 天才! 成功する人々の法則 (原著 Outliers)
・ What the Dog Saw: And Other Adventures (日本未発売)

そういった意味では、新しい考え方を提示し、ベストセラーになるということは、筆者が一番「ティッピング・ポイント」を理解しているのかもしれない。是非この急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則を読んで、そのエッセンスを学びたい。

■ 発売日
2000年にアメリカで発売された。

-ビジネス教養
-

執筆者:

関連記事

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超える「ヤバいネタ」を統計的分析に基づいて解説した、経済学を面白くした世界的に大ヒットだ。 「ヤバい経営学: 世界のビジ …

iモード事件 – 成功体験を体感する

20世紀最後の大ヒットとも言えるのが、iモード。このiモードの誕生を秘話を綴ったのがこのiモード事件である。 筆者は、このiモードの生みの親である松永真理氏。日本を代表する大企業集団NTTの携帯電話事 …

アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていい …

最高の経営判断からビジネスを学ぶ – ありえない決断

最高の経営判断。良い経営判断。それはどんな経営判断であろうか? その多くは、判断した時には賛否両論、いや、否のほうが多かったかもしれない決断かもしれない。しかし、その判断なかで成功した経営判断は、歴史 …

行動経済学が明かす、不合理な消費行動

行動経済学という分野がある。実際の消費者の行動を観察することで人間がどのように選択・行動するかを明らかにしようとする分野だ。 従来の経済学では、人間は経済合理性に基づいて選択・行動するものだという前提 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。