仕事がつまらないと考えるあなたへ

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 組織・リーダーシップ論

日本では「サザエさん症候群」という言葉がある。これは、サラリーマンが、日曜日の6時半から放送される人気アニメ「サザエさん」が始まると、月曜日からの仕事を思いだし憂鬱になってしまうという心理状態を語ったものだ。「週末は楽しい、仕事はつらい」という典型的なサラリーマンの心情であろう。

あなたはこれについてどう思うか?そもそも「仕事がつらい、仕事はやりたくない」こと自体に問題であると感じているだろうか? それとも、「仕事は楽しくない、できればやりたくないものだ」とあきらめてしまっているのだろうか?

しかし、仕事内容は全く同じでも、楽しくすることができるとしたらそんなに楽しいことはないだろう。それが可能だと主張するのが本書「なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか ―マネジメントを極めた男の物語」である。

尚最初に断わっておくが、この本は、組織論の本である。つまり、自分自身の気の持ちようで仕事が楽しくなるというタイプの書籍ではない。マネージャー層向けに書かれた書籍である。マネージャーが変わればそのチームのだれもが、「サザエさん症候群」にならなくて済むのだという話だ。そして、それは簡単であると著者のはこの本で語っている。

ビジネス小説の形を取っており、たたき上げのタイプの主人公が、CEOとして自分が育て上げたフィットネスメーカーを他社に売却するところからストーリーが始まる。売却後、リタイア生活の中で時間を持て余す中、利用したサービス悪いイタリアンレストランの共同オーナーとなり、そのレストランを立て直すところがメインストーリーだ。

一癖もある従業員にやる気を与え、活気ある店にしていく、そんなストーリーの中でやる気を起こさせる秘訣を教えてくれる。

著者、パトリック・レオンシオーニ氏によると解決への秘訣は、以下の3つのサインの解消だという。
・匿名性 自分という個人が理解されない
・無関係 自分の仕事が誰かにとって重要だということを知らない
・無評価 自分の貢献度や成長が把握できない
ということだ。

他のパトリック・レオンシオーニ氏の本と同じく、著書の巻末に解説がある。ビジネス小説だけでなく、この解説があるからこそよく理解できるビジネス書と言えるだろう。

もし、あなたがマネージャーで「仕事がつまらない」と考えているならば、この本を読み改善するのも一策である。

尚、本書は主にマネージャー層向けであるが、もし、読者がマネージャーではない場合は、マネージャーへこの3つキーポイントを話すことを進めている。

■ 発売日
原著は、2007年に発売された。タイトルは、「The Three Signs of a Miserable Job: A Fable for Managers (And Their Employees) 」であり、訳すれば、「惨めな仕事の3つのサイン:マネジャー(とそのスタッフ)向けたビジネス小説」ということになるだろう。

著者は、組織改善とチームの強化育成を専門とする経営コンサルティング会社「テーブル・グループ」社長である、パトリック・レオンシオーニ。氏はアメリカで大ベストセラーの「あなたのチームは、機能してますか?」など、ビジネス小説の形をとった組織、チーム作りのさまざまな著作がある。

関連記事

自分の強みを見つけてビジネスリーダーとしてを成功しよう

このストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようのポイントは明快だ

記事を読む

組織論本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

多様なトピックをカバーしなくてはいけないのが、人・組織に関しての。そこで、バランスよく組織論本につい

記事を読む

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が

記事を読む

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうす

記事を読む

失敗の本質 – 日本的組織について学ぶ

「第二次世界大戦で旧日本軍がなぜ敗北したか?」というのお題に対し、キーとなる6つの戦い(

記事を読む

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか? オープン:公開

記事を読む

リーダーシップとは危険なもの? 現実的な視点からリーダーシップを解き明かす

リーダーシップ、何か、憧れさえあるこの言葉は、さまざまな定義あるだろう。 私が

記事を読む

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメ

記事を読む

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業

記事を読む

チームビルディングに悩んだ時に読みたい2冊のビジネス小説

チームビルディング(つまり、チーム作り)に悩むマナージャーの方も多いだろう。 「問題ない無いチ

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑