経営戦略

Google からビジネスを学ぼう

投稿日:2016年6月12日 更新日:

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配し、高収益を上げるグローバル企業だ。

この高収益企業から学ぶことができればと思う人も多いだろう。しかし、入社するのは大変難しい。ただ、諦めるのはまだ早い。Googleの手の内は、実は、ビジネス書として公開されているのだ。

わずか、数千円でGoogleのノウハウが手に入るとしたら、これは相当安い。そして、相当お手軽である。今回は、Google社のビジネスのやり方に迫った2冊を紹介したいと思う。

1冊目は「How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント」というビジネス書だ。

ちなみに、著者は、Google社の元CEO、現会長のエリック・シュミット氏、そして、元Google社の製品管理上級副社長で、現在は、アドバイザーを務めるジョナサン・ローゼンバーグ氏である。つまり、Google社のトップが書いた本ということだ。

グーグルの戦略、企業文化の作り方、意思決定の仕方、コミュニケーションの仕方、イベーションなど、グーグルの経営について惜しみなく公開している。

2冊目は「ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える」というビジネス書だ。

こちらの方は、Google社の人事のトップが書いた本になる。皆さんが知りたいであろうグーグルの採用の秘密などがふんだん公開されている。

どちらもわずか、2000円前後で手に入る。なんとお得なことであろうか。

-経営戦略

執筆者:

関連記事

経営戦略をわかりやすく俯瞰的に学びたい方へのおすすめ本: 経営戦略全史

経営戦略本は数多くある。経営戦略もいろいろとある、バリュー・チェーン(競争優位の戦略)、ファイブフォース(競争の戦略)、リエンジニアリング革命、コア・コンピタンス、最近では、ブルー・オーシャン、リバー …

卓越した企業の条件とは – ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる

卓越した企業というのはどのような企業であろうか? この企業経営において永遠の命題とも言えるこの問題に挑んでいるのが、このビジョナリー・カンパニーシリーズといえよう。シリーズ1作目といえる「ビジョナリー …

イノベーションとマネ(模倣)の新しい関係

イノベーションと聞くと全く新しい概念を作り上げるという印象を受ける。その一方で、模倣というとイノベーションと正反対のイメージである。 しかし、本書「コピーキャット: 模倣者こそがイノベーションを起こす …

これからのビジネスは非常識人が作る – ファンキービジネス

ファンキービジネス。表紙にはスキンヘッドの頭がぶつかり合う姿。これを見て、あなたはどう思っただろうか? ファンキービジネスは、20世紀の最後に書かれた「今後ビジネス世界の秩序はこうなる」というビジネス …

MBA を独学で – Personal MBA

MBA、正確に言えば、Master of Business Administration、ビジネススクールと言われる大学院に行けば得られる学位だ。 アメリカではこのMBAを取得することは経営幹部への近 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。