「 2010年代初版 」 一覧

経営戦略をわかりやすく俯瞰的に学びたい方へのおすすめ本: 経営戦略全史

2014/04/06   -経営戦略
 

経営戦略本は数多くある。経営戦略もいろいろとある、バリュー・チェーン(競争優位の戦略)、ファイブフォース(競争の戦略)、リエンジニアリング革命、コア・コンピタンス、最近では、ブルー・オーシャン、リバー …

ビジネス書で学ぶギブ&テイク – 与え続けることで成功する

2014/03/21   -自己啓発
 

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。 このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。 ギブ&ギブ 何かを得ようとせずに、どんどん与え続ける …

意外と会社は合理的 – 会社で理不尽な目にあった時に読みたいビジネス書

「意外と会社は合理的」と聞いて、すぐに合意できる人は少ないだろう。会社に行けば理不尽なことが多く、とてもではないが合理的とは思えないからだ。 そんな多くのビジネスマンに「官僚的な組織」と聞いてどう思う …

優れたリーダーの必須3要素とは

「ハーバード流ボス養成講座」とても刺激的なタイトルだ。 ハーバードビジネススクール関係者の著書の日本語版には特にハーバード流と付きやすい。ブランドに弱い(私も含めて)日本人向けにハーバードブランドを強 …

権力を握る人の法則 – スタンフォード大学ビジネススクール教授が書いた出世術の本

真剣に出世したいか? と問われれば迷う人も多いだろう。この混沌とした時代で、果たして出世することが良いことなのか? というのは多くの人が考えることだろう。 出世して、同じ時間でより多くの給料を得たい、 …

最高の経営判断からビジネスを学ぶ – ありえない決断

最高の経営判断。良い経営判断。それはどんな経営判断であろうか? その多くは、判断した時には賛否両論、いや、否のほうが多かったかもしれない決断かもしれない。しかし、その判断なかで成功した経営判断は、歴史 …

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業務は待ったなし。結局、部下に頼んだ仕事の一部を引き取ったり、いつも案件をクロージングする為に営業同行したり、忙しさのあまり …

トヨタから片付け術を学ぶ

片付け、仕事でも日常生活でも悩まされている人が多い問題だ。 そして、よく「机の上が汚い人は仕事ができない」と言われる。これは、なぜか?シンプルに考えても、机の上が汚ければ見つけたい資料が簡単に見つから …

東京ディズニーランドの人材育成術 – 楽しそうに働いている秘密とは

東京ディズニーランド、いつ行っても楽しい場所だ。そして、私たちだけでなく、 ・アトラクションごとにその雰囲気にテーマに完全にとけ込んでいる係員 ・どんな質問にも快く回答してくれる清掃員 などなど、スタ …

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超える「ヤバいネタ」を統計的分析に基づいて解説した、経済学を面白くした世界的に大ヒットだ。 「ヤバい経営学: 世界のビジ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。