新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

公開日: : 組織・リーダーシップ論

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識、そして、変化への恐怖など、なかなか仕事のやり方を変えるのは難しい。

しかし、そんな常識を吹っ飛ばすような企業がアメリカにはある。37シグナルズだ。

日本でも、特にWebエンジニア37シグナルズを知る人は多いだろう。それは、Webアプリケーション開発用のフレームワークである、Ruby on Railsの存在があるからだろう。、同社の製品に利用されていたものが、その後オープンソースとして公開されたものだ。

もちろん、この37シグナルズは、ビジネスでも成功している企業である。主に中小企業向けにプロジェクト管理ツール、ベースキャンプの提供を行っている。

この37シグナルズのCEOであるジェイソン・フリードと、共同経営者のデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンが、書いた新しい働き方の提言が、この「小さなチーム、大きな仕事: 37シグナルズ成功の法則」である。

ネット上でも非常多くの賞賛を浴びているが、一言で言えば現実的に賢くやる方法が非常に具体的に示されている。

非常に面白くおすすめの本である。

■ 発売日
2010年に、原題 Rework としてアメリカで発売された。

関連記事

東京ディズニーランドの人材育成術 – 楽しそうに働いている秘密とは

東京ディズニーランド、いつ行っても楽しい場所だ。そして、私たちだけでなく、 ・

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスリーダーとしてを成功しよう

このストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようのポイントは明快だ

記事を読む

マニュアル化、仕組み化で業績アップを狙え – 無印良品は仕組みが9割

マニュアル化と聞くとイノベーションとは全く無縁なつまらない業務と考える考える人が多いだ

記事を読む

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメ

記事を読む

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調

記事を読む

実行力不全 – ビジネス書好きは読んでおきたい本

ビジネス書を読んでいるだけでは意味が無い。実行をしてこそ意味がある。 ビジネス

記事を読む

失敗の本質 – 日本的組織について学ぶ

「第二次世界大戦で旧日本軍がなぜ敗北したか?」というのお題に対し、キーとなる6つの戦い(

記事を読む

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうす

記事を読む

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業

記事を読む

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか? オープン:公開

記事を読む

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

2015年3月 ビジネス書:ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

→もっと見る

PAGE TOP ↑